MESSAGE

三郷ホワイト歯科医院の診療内容

 

診療科目


歯科・小児歯科・矯正

診療内容


予防歯科・歯周病・虫歯治療・義歯・審美歯科・ホワイトニング・かみ合わせ

むし歯について


むし歯の治療では、悪くなった歯質だけを染める薬を使い、なるべく健康な歯質を削らないようにしています。麻酔をする時は、表面麻酔を使いできるだけ痛みのないようにしています。痛みの少ない電動麻酔も用意しています。詰め物はできるだけ白い物で詰めるようにしていますが、むし歯の大きさや、部位によっては銀歯になります。

歯の構造虫歯(う蝕)は、ストレプトコッカス・ミュータンス菌によって引き起こされる歯の病気です。
虫歯はほかの病気と違って、原因を取り除いても、自然に治ることはありません。
虫歯は、進行度合いによってC1~C4に分類されます。

虫歯の進行C1


歯の一番外側のエナメル質が侵された状態。
(痛みなどの自覚症状はありません。歯の表面にツヤがなく、ときに薄い茶褐色になる。)

虫歯の進行C2


虫歯が象牙質まで達し、穴があいている状態。
(冷たいもの、熱いもの、甘いもの、すっぱいものによって痛みを感じます。
茶褐色や黒っぽくなっています。)

虫歯の進行C3


歯髄まで侵され、大きな穴があいた状態。
(ズキズキと刺すような、特有の痛みがある。)

虫歯の進行C4


歯肉から上の部分(歯冠 )はほとんどなくなり、根(歯根)だけが残された状態。
(普通は抜歯になる。痛みはなくなり、神経は完全に死んでいる。)

C3・C4の段階になると,歯根の先の炎症を起こした部分に膿がたまります。
ときには、この膿の中の細菌や毒素が、血液などに感染し、血管をとおって全身に運ばれ、関節炎やリュウマチ性疾患、腎炎、心臓病、血液疾患、皮膚病などの病気を引き起こします。

最悪の場合、敗血症を併発し、死亡することがあります。たかが虫歯1本と侮ってはいけません。
虫歯になっても早めに適切な治療を受け、早期発見、早期治療を心がけてください。

 

小児歯科


身体と心の発育・発達に大切な時期である小児には治療トレーニングから始め、歯科治療に対する恐怖心を植え付けないように配慮しています。
歯垢染色をしてのブラッシング指導、予防填塞(シーラント)、フッ素塗布などの予防処置にも、力を入れ、噛み合わせ、歯の大切さを認識してもらいます。
おやつなどの食事面もアドバイス致します。

 

予防歯科


これまで歯医者さんへ行くのは「歯が痛くなった時」または「虫歯の治療するために」という考え方ではありませんでしたか?
もちろん、治療医療は必要不可欠ですが治療医療のみだけ進んでしまうと、結果的に虫歯や歯周病が増え続けてしまうのが現実なのです。
これからは、しっかり予防歯科を行い、いかに虫歯で歯を削らないか、歯周病で歯を抜かないかが大切です。
虫歯や歯周病にならないために日頃から歯医者さんで管理、指導する新しい歯科医療それが予防歯科医療です。

 

PMTC


充分な予防をすることで、虫歯や歯周病にならなければ痛い思いもせず、治療をする必要もありません。
虫歯や歯周病を治すことも大切ですが、虫歯や歯周病にならない口腔内環境をつくっていくこともとても重要です。 いくつになっても自分の歯で食事を楽しみたいと思えば、虫歯や歯周病に対する予防が必要不可欠になってきます。
当院では予防処置としてブラッシング指導、フッ素コーティング、シーラント、PMTCなどをおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

TCH(歯列接触癖)とは


上下の歯を接触させる癖のことをいいます。通常上の歯と下の歯は接触せず、離れているのが普通です。歯と歯が接触するのは、話す時、物を噛む時、飲み込む時くらいで1日20分程度です。しかしテレビを見ている時やパソコンをしている時など無意識にかんでしまっている人が多くいます。このかみしめにより、顎関節症・知覚過敏・咬合痛・肩凝り等が起こることがあります。意識して上下の歯を少しだけ離して力を抜いておくようにしましょう。

 

顎関節症とは?


顎関節症とは、顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節(雑)音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする慢性疾患群の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靱帯障害、関節円板障害、変形性顎関節症などが含まれます。

発生の原因は様々ですが、噛み合わせが以前より低くなったり、本来の噛み合わせと違ってくると、あごの関節音が気になったり、口の開閉の度に違和感を感じることが出てきます。

また、生活習慣(肘をついて手に顎をのせる、うつぶせになって顔を横にけて寝るなど)でも、そういった症状を引き起こす原因になることもあります。
少しでも気になる方は、お気軽にご相談ください。

 

矯正歯科はなぜ必要?


最近の学校歯科健診では、今までのようにむし歯をチェックするだけではありません。
歯周疾患や歯並びについても、詳しく保護者に知らせるようになりました。

それだけ歯並びの大切さが、深く認識されるようになってきたのです。
歯並びが悪ければ、咬み合わせも悪いので、全身の健康に大きな影響を与えます。
それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。

豊かな顔の表情を大切にする欧米では、健康的で整ったきれいな歯並びが常識になっています。
一昔前の日本では、八重歯をチャームポイントとする人を多く見かけましたが、最近では、歯並びに対する日本人の考え方も、審美から健康の獲得へと変化してきています。

歯並びを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な身体と心をつくるための歯科治療なのです。
そして治療がすめば、健全な咀嚼器官と共に健康美あふれる笑顔七手に入れることができます。